告訴状について

告訴状ホットライン!

告訴状とは?

 告訴状とは?

告訴とは、詐欺・暴行・傷害・脅迫・ストーカー・セクハラなどの犯罪被害を受けた被害者が、警察などの捜査機関に対して、犯罪の事実の申告して、犯人の処罰を求めるために告訴状を提出することです。


 告訴と告発の違いとは?

告訴とは、犯罪被害者や、その配偶者・親兄弟・法定代理人によって、犯罪者の処罰を求める意思表示です。

告発とは、上記以外の第三者によって、犯罪者の処罰を求める意思表示です。


 告訴状と被害届の違いは?

被害届は、犯罪事実の申告という点で、告訴告発に似ていますが、犯人の処罰を求める意思表示を含みません。また、告訴は、公訴されるまでなら取り消すこともできます


 告訴状の役割とは?

告訴状は、被害届と違って、警察へ提出された場合、原則的に警察は捜査をしなければならないことになっていますので、被害届よりも強力になります。


 告訴状の活用は?

警察に被害届を出しても、警察が動かなかったり、動いても加害者が処罰されない状況や加害者が反省さえしていない場合には、告訴状や告発状を提出することで、法律的な裁きを求めために活用できます。


 告訴と親告罪について

親告罪とは、告訴がなければ、公訴(検察が犯人を起訴すること)を提起できない犯罪のことです。公訴してしまうことで、被害者の利益が害されるようなことがある犯罪のことです。

例えば、強制わいせつ罪や、名誉毀損罪など、被害者が事件を公にしたくない場合や、過失傷害罪などで、犯罪者に裁きを与えたくない場合などです。

これらのケースの場合には、告訴がなければ、加害者は処罰されることはありません。

告訴する権利(告訴権)があるのは、犯罪被害者、配偶者、直系親族、兄弟姉妹、法定代理人です。


 告訴と非親告罪について

親告罪以外の事件を非親告罪といいます。

非親告罪の場合、誰でも訴えることが可能です。

告訴ホットライン!では、なかなか口に出して相談しにくいことも、メールのやり取りによって相談しやすくさせていただいております。

北海道から沖縄まで、日本全国の非常に多くの方から
告訴ホットライン!のへご相談をいただいております。

告訴ホットライン!では、行政書士事務所が運営しており、法律によって、秘密を厳守しますので、お気軽にご相談ください。

告訴ホットライン!

告訴
告訴
告訴

告訴
告訴

告訴
告訴

<告訴ホットライン!へ
 藤崎奈々子さんが訪問し対談>


告訴
告訴
タレントの藤崎奈々子さんが当事務所へ訪問し、被害届や告訴状などについて対談しました。

<告訴ホットライン!が
  ラジオ番組に生出演>


 告訴 告訴
FM江戸川の『TOKYO RIVERS WIDE』に生出演し、被害届や告訴状などについてお話しました。(現在番組終了)


  行政書士 河野秀勝 プロフィール

 
 (行政書士登録番号:11081610)
 プロフィールの詳細はこちら


  行政書士 河野真弓 プロフィール

 
 (行政書士登録番号:01081359)
 プロフィールの詳細はこちら

告訴ホットライン!【目次】
告訴状の作成方法
告訴状とは?
告訴状と警察の対応
告訴状の不受理問題
告訴状と検察審査会
告訴状の例
告訴の事件例
告訴状の法的根拠
告訴に関わる法律
告訴に関する刑法(1)
告訴に関する刑法(2)
告訴に関する刑法(3)
告訴に関する刑法(4)
告訴に関する刑法(5)
告訴に関する刑法(6)

  告訴・被害届のご相談窓口
  

 リンク
 告訴ホットライン!の「個人情報の
   お取扱い」
 プロフィールの詳細
 サイトマップ

告訴ホットライン!被害届ホットライン!借用書ホットライン!内容証明ホットライン!
プロフィールの詳細マンション管理士河野事務所 | 個人情報のお取扱い